東大和市に住むなら新築の一戸建てがいいかも

東大和市は拝島線の東大和市駅あたりを中心とした地域でモノレール線の上北台などもその区域内に該当します。このような地域にもし新築の家を買って住むならばマンションを買うよりも一戸建てのほうがある意味の有利を増すかもしれません。というのは住宅の購入費用は税込で3000万円で買えるからです。となると購入価格の時点でマンションと大差ない値段となります。問題はその後の維持管理です。マンション推進派の意見では戸締りや普段の清掃や修繕維持管理が楽でよくて戸建ては庭の草むしりとか大変とか言う意見もありますが、マンションは毎月数万円の修繕積立金や管理費を定期的に払わなくてはならないし、払えなければ追い出されます。しかもその金額は値上がりばかりします。戸締りにしてもマンションが安全だという保証はありません。マンション専用の泥棒もたくさんいることに警戒しないとなりません。また隣はすぐカベだから常に騒音に気を使わないとならないし、何をするにも玄関に出るまでに常に時間がかかります。それを考えると同じ値段で買えるこの界隈ならばやはり戸建てを買う方が有利になってきます。

東大和市で新築の家を購入する際の注意点。

多くの人はいずれ家庭を持ったら家を新築したいと考えていると思われます。そこで東大和市で新築の家を購入する場合にどの様な点に注意が必要なのか考えてみました。先ず気になるのは間取りと立地条件で、長く住む場所になる為最初から問題点があるようなら十分検討する必要があります。特に通勤・通学等の交通の便や近隣の施設などはチェックしておく必要があります。又最重要事項として家の価格が挙げられますが、住宅ローンを組むにしても長期間の返済期間が予想されるので、家計の見直しが必要となり、個々のライフプランと照らし合わせながら無理が無いような返済金額を決める事が大切ですし、頭金の準備の為に早い時期から貯金をしておく事も重要です。又引越し関係の資金も同時に用意しなければならないので、家を購入するということは大変嬉しい事である反面、出費も多いようです。

東大和市の新築で、二世帯住宅にも注目です。

東大和市で新築住宅を建てることを考えていく時に、二世帯住宅に注目をしていくことで、家族で楽しく暮らせたり、生活しやすいと感じる方もたくさんいます。二世帯住宅にすることで、費用面でも抑えやすくしていくこともできます。また、働いている家族が何人もいる場合、協力し合って、マイホーム購入のためのお金を用意していくことができるので、安心できるという方もいます。二世帯住宅にする時に、ご年配の方の暮らしを若い世代の家族がサポートをしていくこともできるようになりますし、小さいお子さんがおられるご家庭も家族で協力し合っていくことができるようになるので、子育ても進めやすくしていけます。二世帯住宅にすることで、家族で賑やかに楽しみながら暮らしていくこともできるので、チェックしてみることも大切です。二世帯住宅の良さに注目をしている方もたくさんいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)